プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!

Author:サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
2月10日の土曜日に横浜ラポールにて若いオストメイト交流会を開催しました。参加者はメーカーや医療者の方も含めると52名。部屋が狭いというクレームが出るほど、たくさんの人が集まりました。私が交流会の運営に関わるようになって、4回目の若いオストメイト交流会。参加者が増えているのはうれしい限りです。一方で、若いオストメイト同士が交流できる場がまだまだ少ないのだとも感じます。

今回の交流会のメインは2名の体験談発表。お二方の体験談にはとても共感できることが多く、参加者の皆様もうなずきながら聞き入っていました。周囲には明るい感じでストーマのことを伝えるように心がけるといっていたAさん。その言葉通りあっけらかんとした感じでお話をする姿は、勇気づけられて人も多いのではと思います。もう一方のBさんの発表も想いがこもっていて素晴らしかったです。

その後のグループ交流会にはオストメイトだけでなくメーカーや医療者の方も参加し、ストーマ装具やアクセサリーについても活発な議論がなされていました。オストメイトとメーカーがお話をする機会はあまりなく、話せてよかったとの声が参加者からありました。メーカーの方からも、オストメイトの声が聞けてよかったという声があり、まさにWINWINの関係。私たちのQOLを上げていくためにも、メーカーや医療者とつながっておくのは大切なことだと思います。

次回の横浜交流会は今年の11月または12月の開催を予定しています(次回は広い会場を使って開催予定)。その前に、来週(2月25日)は名古屋、再来週(3月4日)は神奈川県平塚市、6月2日の全国交流会は松山市でそれぞれ開催予定です。そして10月6日には3年に1度のワールドオストミーデー。イベントが目白押しです。

今回の参加者の中にも、直前まで行くかどうか迷ったという方がたくさんいました。しかし、いざ参加してみると意外と楽しいものです。交流会に興味はあるけどまだ参加していない…という方はぜひ一歩を踏み出してみてください。

YS

※参加者の集合写真(顔が判別できないようにぼかしを入れています)


DSCF2253.jpg


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:イベント開催情報
直前のご連絡で申し訳ございませんが、名古屋で開催される交流会のご案内です。東海地区にお住まいの方は、ぜひご参加ください。

○詳細
日時:2018年2月25日(日)13:30~16:00
場所:ヤガミホームヘルスセンター 8階ホール
テーマ:悩みや問題解決法を一緒に考えましょう!


nagoya.png


YS
DATE: CATEGORY:メンバーボイス
みなさま
今年の異常気候大変でが、お元気でしょうか?
気のせいか例年よりどこの地域でも氷点下の日が多いような…
また、北陸の異常な大雪そちらの地域の方、雪害が大きくなっていなければ良いのですが・・・

さてさて春待ち遠しいこの季節ですが、私事で恐縮なんですが、昨年暮れに交通事故に遭いまして、大型トラックと衝突して私は全身を打って(シートベルトで圧迫されたストーマは無事でした)救急搬送されたのですが、幸いどこの骨や頭部にも異常はなく一安心したのですが、頚椎捻挫(むち打ち)と腰痛捻挫、全身打撲との診断でした
ただ医者から首の骨が70代の骨をしていると言われたのです病気のせいで長年服用していた、ステロイド剤の副作用のせいらしいです。カルシウムが不足してしまうのです。こればかりは仕方がないと諦めるしかないですね。

痛みで夜も数時間で目が覚めてしまい、また痛み止めを飲んで何とか寝るみたいな生活が続いていたので、そこで温泉リハビリですオストメイト専用の湯ったりシートを貼って近場の温泉へ。一時間圏内に沢山の温泉があるので
しかしそのシートもなくなり、どうしようかなと思っていたら、20/40フォーカスグループの運営メンバーの我が姉御が「私使わなくなったから使って」とわざわざ送って貰ったのですお陰でその後も温泉三昧私北海道ですが、この間は兵庫県の有馬温泉です実はこれは家のお風呂に入れた入浴剤でした(笑)
お陰で仕事復帰できるまで回復しました。

年末年始は何もすることが出来なかったけど、
今、オリンピックの開会式を見ながら書いているのですが、オリパラ同様、20/40グループみんなもひとつの輪になるっていいなーと思うのでした

sand river
DATE: CATEGORY:メンバーボイス
こんにちは。チャリーです。
今年初登場です。今年もよろしくお願いします。

昨年は激動でした。個人的には、7回目、8回目の転帰。7回目はエビデンスなき治療で見事クリア、8回目も鋭意戦闘中です。
でも、一番だったのは、悪性腫瘍の患者会で出会った方が、これからWストーマになると落ち込んでられたのを、前向きになるようお手伝いできたことです。人の役に立つ人間とは思ってなかったのですが、オストメイトになったおかげで初めて人の役に立てたと実感できた年でした。今年も、また出会いに期待です。

珍しく先週今週と3泊の長めの出張でした。ここだけの話、ストーマ絶好調。トイレもかかせません。でも、なんとなく嗅覚が効くというか、この辺にオストメイト対応トイレがありそうだなって目星がつくようになってます。交通機関やショッピングモール、新しめのビルなど。最近は結構使用中もありますが、待たずに次を探すというか、またそのうちあるだろって感じで渡り歩けてます。良い世の中だ。
でも、多目的トイレだから誰でも使ってよいのですが、結構使用中のことが多い。県支部の人の話じゃ、中学生が化粧直しに使ってるとか。まだまだ啓蒙が必要です。
で、今回、先進の多目的トイレがありました。入る時、インターホンで警備員室さんに言って開けてもらうタイプ。これはかなり抑止力あるでしょうね。でも、オストメイトの人も遠慮しちゃうかな。良くも悪くも先進でした。
DATE: CATEGORY:メンバーボイス
こんにちは フォークスです
1月も、はや半ば過ぎですね~。陽は長くなってきている気がするけど、寒さはこれからです
この冬は前の冬に比べて、寒いし雪も多くて大変です。。。

さて、前回ご紹介したUOAA(アメリカのオストミー協会)会報の「ザ・フェニックス」の巻末に、面白い記事を見つけたのでご紹介します
ザ フェニックス 2017年冬号

「スト-マ神話(Ostomy Myths)」というタイトルで、副題は”ストーマの作り話から事実を分離する”。筆者はWOCナース。
7つの”神話”に対して、それぞれ現在の知見をコメントしてます。内容はにおいや食べ物など、基本的なことが書かれています

その中で、唯一アメリカは日本と違うんだなぁと思ったことは、障がい者(Disabled)に関することです
アメリカでは1960年代までは、医療保険会社の基準でストーマは四肢の切断と同じに考えられていたので障がいとされていたそうです。そのため、警察や軍隊で働けなかったとか。でも、1990年に制定された「障がいを持つアメリカ人法(The Americans with Disabilities Act)」ですべて変わったそうです。現在は、オストメイトは求められる責任を果たせるならばどんな職にも就けるとか。

残念ながら、この記事はWOCナースによって書かれているしテーマも字数も限られるから、それ以上は書かれていないけど、1990年なんてそんな昔じゃない(?)から、そのころの変化を経験したオストメイトに、どう思ったかとかいろいろ聞きたいなー、と思ったのはフォークスだけ??
ちなみにアメリカではストーマ装具は医療保険で賄われるそうです(UOAAホームページにありました)

今年はワールドオストミーデー(WOD)の年ですね。ほかの国のWODのようすも伝えていきたいでーす

by フォークス

copyright © 2018 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ