プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

20/40FG運営メンバー

Author:20/40FG運営メンバー
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ
承認制ではありますが、コメント表示openにしました!気になるブログありましたら、是非コメント下さいませ(*^^*)


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:未分類
こんにちは☀️

はじめましてJC1と申します。

年度末でバタバタしていて今になってしまいましたが、先月17日に鹿児島県霧島市にて行われました交流会をレポート致します。

当日は春らしい暖かな快晴の中、霧島市医師会医療センターにて行われました。

昨年は10名弱の方にご参加いただきましたが
今年は昨年より広報範囲を広げたため初めての方もご参加くださり、医療センターのスタッフの方10名と合わせて20名程の賑やかな会となりました。

本日は「歯の健康を損なうと全身の健康を損なう」というテーマで鹿児島市の大森歯科医院の大森院長先生に登壇いただき,
歯の健康を守ると共に義歯の調整やメンテナンスの大切さを学びました。

JC1はオストメイトであると同時にクローン病患者でもあり、長い食事制限や体調により食事が取れないなどの悪条件が重なり骨粗鬆症と共に虫歯の進行も早く、歯もかなり傷んでいます。

原因は炭水化物や病院から処方される甘めの粘度が高めの栄養剤などが多く、咀嚼の回数が少ない、磨き残しなどがあると虫歯になりやすい環境が整います。

オストメイトも同様で消化しやすい食べ物を食べる様になるため、咀嚼の回数が少なくなり唾液の分泌や口腔内の健康を維持するのが難しくなります。

老化は口から訪れるという話もあるので、歯の健康はかなり気を付ける必要があります。

皆さんもストーマや原発疾患だけでなくこの辺りも意識してみてください。



スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
 皆さんはもう春を感じられましたか?

先日、散歩がてら京都御苑を歩いていると、汗ばむくらい暖かかったです!

でも来週からまた寒くなるそうですね( ゚Д゚)

体調を崩さないように気をつけます!
                
 話は変わりますが、2月はふたつの交流会にいってきました。

まずは10日の横浜での交流会に参加させていただきました。

とても多くの方が参加されており、会場が満員で、熱気もすごく感じました。

交流会の後の懇親会では、横浜支部、神奈川支部、メーカーさんの方もすごく親切してくださり、とても楽しく、うれしかったです!

 25日には名古屋の交流会で、初めて会のサポートをさせていただきました。

少し緊張はしましたが、参加できてよかったです!

 今月10日の奈良の交流会にも参加しようと思っています!

もし、参加される方がおられたら、声をかけてください(#^^#)

若い世代がまだまだ少ないので、20、30代の方、ぜひ参加してください!(^^)!

DATE: CATEGORY:未分類
冬季オリンピック…は今日閉会式を迎えました。



日本の選手たちの、活躍で史上最多のメダルを獲得する事が出来ましたね。



本当に、感動をありがとうございました。



さて…


私は、オストメイトになり障害者手帳をいただきました。


ガンで人工肛門(コロオストミー)になり、自分が障がい者になった事で…


街中の障がい者の動向が気になっています。


例えば、駅で困っている視覚障がい者の方に声掛けをしたり、腕を差し出して案内をする事が普通に出来るようになったり。


車椅子の方の、階段の昇降のお手伝いが出来る。


お腹の大きな妊婦さんに席を譲ったり、お年寄りの案内をしたりね。



なんとなく…
そんな事が、普通に出来てる自分がいます。



自分がそうなって…障がい者になって自然に出来る事もあるのかな…


なんて思ったりしています。



3月9日から、平昌でパラリンピックの冬季大会が始まります。



パラリンピックは、障がい者のオリンピア。



第二次大戦後、イギリスのストークマンデビル病院のルートヴィヒ  グットマン医師の提唱による傷痍軍人のスポーツ大会が発生です。



あいにく、内部障害者には参加資格がないのですが。



障がいを抱えても、それを力強く乗り越え…競技に挑む選手たちに、私達も力を貰えます。



「失ったものを数えるな、残されたものを最大限に生かせ」



グットマン医師の言葉です。



さあ…また明日も、元気に過ごしましょう。



ライダー
DATE: CATEGORY:未分類
どうも!初めてブログを書かせていただきます!
何を書いたら良いかわからなかったので、どうでもいいことですが、今年あったことをふりかえります!興味のない方はスルーしてください!笑

私は今年で24歳になるのですが、4月から大学生となりました!
7月には金沢の交流会、9月は滋賀の交流会、12月は交流会で、体験談もさせていただきました!いろんなことがあった1年でした!

来年も出来る限り、交流会などには参加しようと思っているので、見かけた方はよろしくお願いします!(^^)

ありがとうございました!


by トラ!トラ!トラ!
DATE: CATEGORY:未分類
このところ急に寒くなりましたね。
風邪などひかないように気をつけてください。


昨年の名古屋での「若いオストメイト交流会」の中でのお話です。


名古屋大学大学院の前川厚子教授の講演でボディイメージのお話しがありました。


前川先生はWOCナース(皮膚排泄ケア認定看護士)の元祖…初代WOCナースのひとりですが、長年の経験の中で、ガン患者や怪我、病気等で手術をされた方々の悩みの中で特有なのが…
自分のボディイメージが受け入れられないという事です。


例えば、乳ガンで乳房を失ったり大腸ガンでストーマを造設したり、病気や怪我で四肢を失ったりした時に、本人がその事を自分のカラダのイメージとして受け入れる気持ちになれるのかと言った内容です。


大きな欠損が無くても、手術の傷跡や痛みや脱毛などでも同様ですね。


交流会の中でも、挙手で尋ねると…
やはり、受け入れられていないという人が数名いらっしゃいました。


この問題は、闘病生活や術後のクオリティにも関わります。特に精神的に重要な事だと思います。




私はどうなのだろう…


個人的な事になりますが、今は受け入れられていると思います。


でも、12年前の術後…ストーマが造設された後の1年間くらいは、ストーマとパウチ(袋)がとても気になり1日に数十回はパンツの中を覗いていました。


えっ…自分のパンツの中ですよ(笑)


今、思うと…その時に感じていたのは、ボディイメージの受け入れ難さとライフイメージ(人生の計画や人生感)が狂ったことでしょうか。


これから先の人生に対する不安と病気への恐怖心。それと…少し違うカラダになった自分への戸惑い。



大腸ガンの術後半年で、左肺に転移して…
そこから、吹っ切れたのかな。


何が出来るのか?


いや…やってみなけりゃ分からない。


きっと何でも出来るはずだ。


それから、バイクに乗り始めて…


もっと上手くなりたい。
もっと速く走りたいと…
港の埠頭や、山の中の駐車場でバイクの練習をしました。


バイクで8の字を描いたり、スラロームしたり…逆ハン切ってスライドしたり。


ええ…コケましたよ(笑)何度も思いっきり(痛)
少し乗れるようになっては…峠道で、ハイサイドくらって大転倒。


修理代は…すごい金額になりました。


こんな事ばかりやってたから、革ジャンと革パンは3着はボロボロに、メッシュのジャケットも2着はズタボロ。


40半ばのオッサンが…ボロボロになって山から下りて来るんだもんね。


痛々しいと言うより…恐ろしいよね。



でも、この頃には…パンツの中を覗かなくなりました。


もちろん、自分のよ(笑)


パウチも、肌色の中が見えない物にしてたし…一回づつの使い捨てのタイプにしたのが良かったかも。
これは、気分的に大きな事でした。



自分に自信が付くと、すんなりとボディイメージが受け入れられました。


人生感も、大きく変わったかな。



一生懸命遊んでる時は…ガンの事は考えなかった。
忘れるまで、遊ぶ事にしたから。


ライフイメージは…


自分の気持ちに正直に…


毎日を精一杯生きること。


仕事も遊びもね。


毎日…楽しく生きなきゃ。


と言いつつ…最近、ちょっと怠けた日々が多いのかな…
時々、パンツの中も覗いて初心を思い出そうね。



ライダー

copyright © 2018 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ