FC2ブログ

プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

20/40FG運営メンバー

Author:20/40FG運営メンバー
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ
承認制ではありますが、コメント表示openにしました!気になるブログありましたら、是非コメント下さいませ(*^^*)


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
3月9日(土)奈良県学園前で7回目となる20~59歳のオストメイト交流会を開催いたしました。
学園前の「西部公民館」は駅南口すぐです。
天候にも恵まれ遠方からも多数参加していただき参加者 9名、講師1名、㈱イカリトンボ、いわしや医療器㈱、村中医療器㈱各1名の総計 13名での開催となりました。兵庫や大阪、京都から大勢参加していただきました。
今回のテーマは「大規模災害に備えて」です。
近年国内各地でゲリラ豪雨が多発しています。
土砂災害や洪水も頻繁に発生しています。
南トラフ巨大地震や奈良盆地の断層も懸念されます。
安全の確保には具体的にどうすればよいのか
消防官であり 防災のスペシャリストである 小林秀穂先生より大規模災害が発生した場合を想定し普段からの心構えや準備品について指導していただきました。
なら1

近代の最先端文明に慣れた我々にとってエネルギーや通信インフラが停止すると一溜りもありません。
最も大切な事は自身の安全を確保する事です。
建物、箪笥の下敷きとなり命を落とす事が最大の問題です。
1戸立て住宅のかたは2階で寝る。1階は押しつぶされる場合が多いです。
箪笥や棚は倒れてこないよう家具転倒防止グッズを活用し対策しておきましょう。
次に大切なのは被災後に援助を求める事ができるかです。
大声で助けを求めるには限界があります。
では どうすればいいのでしょうか?
なら2

常に笛を携帯しておき鳴らして救助を求めるのです。

そして、オストメイトにとっては装具の交換を行う環境作りが必要です。
装具の保管も1箇所の場合災害で全て使えなくなる事もあります。
分散して保管していますか? 車での保管は寒暖の差がありビニールがすぐ劣化して
しますます。
水の確保も重要です。ウエットテイッシュも定期点検しておく必要があります。
大規模災害の場合、周囲の方全てが災害を受けているため、誰も助けてくれません。
自分の安全は自分で守るしかありません。

奈良県支部 奥田
なら3


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
遅くなりましたが、
若いオストメイトの会in茨城の報告です。

若いオストメイトの会in茨城が1月27日に行われました!
今回、5つのメーカーと2つの販売店のご協力のもと、開催しました。
いつもはゆっくりと新商品やアクセサリーについて説明時間が取れないため、今回はどーんと前半をその紹介時間に充てていただきました。参加者の方も自分が普段使っているもとのは違う装具の説明を興味深げに聞いていました。
ただ、注意としては、「新しい装具を使用する場合には、本人の状況や使い方などについて、WOCと相談しながら使用していくことをお勧めします」とのこと。安心して生活するためには、状況を理解してくれる医療機関なども必要ですよね。

 また、午後からはピアカウンセリングをと予定していましたが、午前中にそれぞれお話を楽しんでいただけたようなので、潰瘍性大腸炎からイレオストミーになった2人の体験談を対談形式でお話しました。障害者の基本である「同じ病気でも個人個人違う体質や悩みがある」ということを再認識していただき、話の途中には質問に答えながら、あっという間に時間となってしまいました。
 オストメイトになって日の浅い方も長い方もどちらの方にも好評をいただき嬉しかったです。
今後もいろいろ試行錯誤しながらも皆様のお役に立てる情報や環境を提供できるよう頑張っていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

茨城支部2040担当より
DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
11月3日(土)に大阪で10回目となる「若いオストメイト交流会」が大阪国際がんセンターで開催されました。先生、販売店の方を含めると24名の参加者です。

大阪国際がんセンター WOCN 楠原広美 先生に「患者さんから学んだ事をWOCNの立場から、今、伝えたい!」とのタイトルの講演をして頂きました。先生ご自身の紹介の中で、その経験から「自分の思っていることを口に出さなくては、実現しない」との心情で生きていられるとの言葉を頂きました。凄いな、自分もそうでありたい。だけど、なかなか出来ないなぁ、私に出来るかな。なかなか難しそうと思ってしまいました(笑)

講演では、過去の交流会、相談会ではあまり話題にあげられなかった「性機能障害」についても取り上げられました。直腸周りを手術される男性の方にとっては切実な問題ですよね。

笑いを誘う講演内容に、参加者一同、和やかな雰囲気の中、聞き入りがなら時間が過ぎてしまいました。

若いオストメイト交流会報告(大阪府支部HP)

DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
奈良県 奥田です。
2018年9月8日(土) 滋賀県主催の若いオストメイト交流会に参加いたしました。

昨年と同じく南草津駅前すぐの市民交流プラザ(フェリエ南草津5階中会議室)での開催で立地がよく大変便利です。
参加者は 総計14名内若いオストメイト9名となりました。

テーマ
 ① 体験談発表(県内在住の若いオストメイト)
 ② 皮膚・排泄ケア認定看護師の先生の講演 
    アドバイザー講師 : 草津総合病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 平井 詠子 先生
 ③ 全員参加の交流会で輪になって情報交換

②の講演は3つのテーマのスライドで判り易く説明して頂きました。
 ・ ストマが目立たない服装
 ・ 旅行の備え
 ・ 色素沈着を予防しよう
DSCN0887.jpg

今年の夏は大変暑く汗で面板部分の皮膚が被れる対応はどうしたらいいのか? 自分が使用しているパウチがうまくマッチングしているか? 等いろいろな考えが飛び交いました。 今回は地元滋賀県の女性3名が初参加されており術後の年数も浅いためこのテーマが中心となりました。
最終的にはストマ外来を受診し、いろいろなサンプルを試すことが良いと言う事です。
可能であれば受診時に悪い状態の写真を準備しておくのがポイントです。
私事ですが、ストマ増設以来10年間一度もストマ外来に行ったことがないと発言しみなさん驚かれていたのですが..... ストマ外来の存在は知っているのですが何をする所なのでしょうか!? 一度受診してみます。
初参加の方はベテランの方からの体験談やアドバイスをしていただき、目を輝かせ食い入るように耳を傾けておられたのが印象的でした。
以上
DATE: CATEGORY:20/40FG活動報告
皆さん、こんばんは!!

先日の7月22日(日)に、金沢市の松ヶ枝会館で、
若いオストメイト交流会を開催してきました!!

昨年の交流会では、
大雨で、雨男ぶりを発揮してしまいましたが、
今回は、天候にも恵まれ、良かったぁ(* ´ ▽ ` *)
ただ、暑かった((((;゚Д゚)))))))
そんな中で、参加していただいた皆さん、
本当にありがとうございました!!!

他県の交流会では、会の後、
数人で、ごはんに行くこともあるのですが、
金沢の交流会では、
まだ、できてなくて、
そこが、裏の課題だな・・・(´Д`*)
今度は、オススメのお店探しておこう。

ちょっと前に知り合った
同じ年齢で、同じクローン病で、
オストメイトになった方にも参加してもらいました。
クローン病になって、体調を崩し、
ストーマを持つ体になって、悩んでいる姿をみて、
5年前の自分の姿に重なりました。

こんな方の為に、
少しでも、悩みから解放されてほしい、
乗り越えてほしいと思い、はじめた交流会。
今回、3回目になりますが、3回目にして、
この時の為にやってきたんだなと実感。

30代で、
人生も仕事もこれからという時になった難病と障害。
ただ、これをきっかけに、
同じ難病や障害を持つ方との出会いを通して、
かえがえのないことを教えていただいています。

そういう想いを大事にして、今後も頑張っていこう。

byしんしん






copyright © 2019 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ