FC2ブログ

プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

20/40FG運営メンバー

Author:20/40FG運営メンバー
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ
承認制ではありますが、コメント表示openにしました!気になるブログありましたら、是非コメント下さいませ(*^^*)


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:メンバーボイス
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
地域によっては、雪も降り、本格的な冬の到来といった感じでしょうか。


先月、
私たち若いオストメイトの活動グループの
「20/40フォーカスグループ」の運営メンバーで、
オストメイトの為に幅広く活動されてこられた方が
お亡くなりになりました。
心よりお悔やみ申し上げます。

32歳ととても若く、自身もオストメイトとして、
大変な身体と病にもかかわらず、
若いオストメイトの為に、各地で尽力されて、
これからもこうしたい、ああしたいと
思い描いていたかと思うと、胸が締め付けられます。

いつしかの交流会で、
「オストメイトのことが認知され、
健常者と障害者の区別がなくなればいい、
オストメイトのグループでさえなくなればいい」
というようなことを話されてたことを思い出しました。

自分が大変だからこそ、オストメイトの未来を
人一倍、考えて、行動されていたのだと思います。

今になって、オストメイトの未来ついて、
もっと語り合えばよかったと思っています。

僕自身も、若いオストメイトの交流会で
勇気づけられたように、
地元の若いオストメイトの方達の励みになればと
いう想いで、4年前から交流会を開催しています。
少しでも想いが引き継げるような交流会になるよう、
今後も頑張っていきたいと思います。


皆さん、寒くなり、
インフルエンザも流行ってきていますので、
お身体には、くれぐれも気を付けてくださいね。

しんしん
スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:メンバーボイス
秋も深まり、冷え込んできました。
福岡では街路樹の紅葉も綺麗に色づき、晩秋を迎えています。
さて…
先月のお話しですが、福岡の若いオストメイトの仲間たちとビール工場のコスモス園に出掛けて来ました。
8月の交流会の時に「女子会」が中心になって計画を立てていたようで、私も運転手で参加させていただきました。
今回は、コロ1名、イレ1名、ウロ+車イス1名、ダブルストーマ1名、がん闘病中のサポートメンバー1名の計5名での小旅行です。
バラバラのストーマが集まるのも、若いオストメイト世代ならではのこと。いろいろ気遣いをしながらの道中となりました。
私が朝から、車イスを電動リフトで積める「福祉車両」をレンタカーで借りてきて、先ずはウロ+車イスの仲間とダブルストーマの仲間を迎えに行って、博多駅でイレの方とサポートの方と合流。
片道1時間程ですが、途中の高速道路のサービスエリアにはしっかり寄って…みんなに体調と装具を整えてもらいます。
と言いつつ…お菓子で腹ごしらえが目的でしたね。
 fc2blog_2019112411291834d.jpg>
コスモス園は満開で、駐車場も混雑気味。
車イス対応の福祉車両も、なかなか優先的には止めさせてもらえません。
とりあえず、空きスペースで車イスを降ろさせてもらって。
先にコスモス園を見に行ってもらいました。私は、ひとり駐車場の順番待ち。程なく止められましたがリフトの昇降には、この駐車スペースでは狭いかな、もう少し広めのスペースが必要ですね。
 fc2blog_20191124114001758.jpg
コスモスをゆっくり鑑賞して、さて昼食の時間ですが…お客さんが多くて待ち時間が長そうです。そんな時は、他の来られなかったメンバーの話や、次回の計画などを楽しく語らいます。
 fc2blog_201911241157536dd.jpg
食後はビール工場内の見学ツアー。
ビールの製造工程から、材料の大麦やホップの味見など楽しい体験が出来ました。
最後には試飲が有りましたが…私は、もちろん「アルコールゼロ」
 fc2blog_20191125093025d52.jpg
お土産を買って帰路に着きましたが途中のSAでも、また買い物。
楽しい一日は、あっという間に過ぎてしまいました。
次回は、12月の忘年会&クリスマスマーケットです。
心残りは…運転手だったのでビールが一滴も飲めなかったこと…涙。
ライダー
DATE: CATEGORY:メンバーボイス
今年も早いもので2ヶ月を切りましたね。
そして今年も災害の多い年になってしまいました。被災地域のみなさん、改めてお見舞い申し上げます。

そんな令和元年、みなさんの地域では紅葉時期は終わりましたか。
私の住んでいる北海道では初雪も降り最低気温が氷点下に下がる日も増えてきました。
冬の行事、クリスマスやお正月は楽しみなのですが、冬は苦手です(*_*;数十年も住んでいて慣れてるはずなのですが…。

その慣れているはずの話です。
いつも朝に装具交換をしているのですが、その日の朝はやる気が起きず、お昼を食べず久々に夕方に便の出具合を見て「これはいける」といざ交換開始。
最初はいつものように順調にシャワーでストーマをきれいきれいして「えらいぞーウメ太(私のストーマの名前)」、面板を貼るのに皮膚皮膜剤をスプレーして、さぁ貼ろうと思ったら、お腹が空き過ぎていてグーグーと…腸も動き出しているぅ(+_+)
案の定、空腹のせいでストーマがブーブーと言いながら泡が出始めてしまい、次は水様便、しばらく止まらなくなってしまい、「良し行ける」と思い皮膜剤スプレーをすると、また出てくるという戦いから約二時間半、無事貼れたと一安心!(^^)!しかしその日はそれでは終わらなかったのです…。

イレオストミーだから仕方がないが、こんなひどい事はかなり久しぶりのこと。
交換後取り合えずお腹に食べ物を入れ、疲れたご褒美にビールも2缶飲み、食事とビールで満たされたお腹。
至福の時が終われば、次は覚悟のトイレ攻撃。
私の癖で、便を出すときパウチを下の方に強く引っ張ってしまうのですが、その勢いで面板のフランジ部とパウチのフランジ部が外れてしまったーー(´゚д゚`)
その後の大変さは少し汚いお話なので、想像にお任せします。因みにトイレの被害は逃れました。
外れた瞬間、パウチのロックを止めていなかったとすぐ分かりましたが、前回失敗から忘れた頃にやってしまった二回目の大失敗!外出先でなくて良かったなーと。装具一式は台無しになってしまいましたが、改めて慣れていても確認は大事だと思った私の反省でした。

sand river


DATE: CATEGORY:メンバーボイス
昨今の台風や大雨での災害に対して、1日でも早い復旧と皆様が日常の生活に戻れるよう、お祈りしております。

社会人になりたての頃、先輩社員から色々な事を言われました。
報・連・相の重要性
事前準備の重要性
自己中心的な考え方を改める
相手への思いやり など

特に営業職だった事もあり、事細かにアドバイスや指導を受ける事が多かったと思います。
これを言われている当時は、早くこの時間が過ぎないかなとか、また同じ事言ってるわなど素直に受け止める事が出来ず言われている言葉の重要性を感じる事が出来ていませんでした。
色々な事があり、お世話になった会社から転職をしたのですが、新しい職場で今年の3月から後輩社員の面倒を見る立場になりました。
新しい職場でも営業職の為、以前の会社での経験が非常に役に立っています。
そして、自分が以前、言われていた言葉を自分が後輩社員に毎日のように言っています。
どうやったら伝わるのか、日々頭を悩ませています。
そんなある日、以前の会社の先輩とお会いする機会があり、「昔言われていた事を今、自分が後輩に言ってます。先輩の気持ちが今になってようやく分かるようになりました。」
と伝えたところ、「やっと分かったか。相当な問題児だったから苦労したぞ。そんなお前からこんな事を言われるなんて。」と笑顔で言われました。
その顔をみて、自分が今やっている事は間違えじゃないんだ。
このまま後輩社員に伝え続けようと思いました。
そして、自分もいつの日か後輩社員からあの時の気持ちが分かりますと言ってもらう事を目標に努力します。

話は変わるのですが、母が目の手術をします。
自分が手術を受けた時、常に側にいてくれ支えてくれました。
今回は立場が変わって、今度は自分が支える番です。

立場によって物の考え方、見え方、とらえ方など異なります。
これまでの体験、経験を生かして、これからも活動を続けていきたいなと思います。

3103
DATE: CATEGORY:メンバーボイス
いよいよ秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先月は台風15号が猛威を振るい、千葉県を中心に大きな被害をもたらしました。
被災された方には謹んでお見舞い申し上げます。
などと言っている間に「猛烈な」台風19号が近づいてきて心中穏やかではないのですが…。

さて、昨年の台風21号で我が家は3日間にわたり停電し、改めて電気のありがたさが身に沁みました。
停電に際して何に困ったか、具体的に少し書きたいと思います。

1 トイレ
オストメイトにとって一番の難関はこれですね。
最近の節水型トイレは停電だと水を流せません。
我が家も1階のトイレはこのタイプですが、2階のトイレは流せたのでまあなんとかなりました。
ただ困ったのは夜間です。
手暗がりにならないよう懐中電灯を置くスペースを作るわけですが、あまり置ける場所がありません。
こじゃれた飲食店の、間接照明とかでビミョーに暗いトイレみたいになります。
ぶっちゃけ、お店のトイレは明るくしてほしいですね(笑)

2 風呂
オール電化だともちろんですが、給湯ユニットはガス湯沸しタイプでも停電だとお湯が使えません
ふだん私は入浴時に装具交換をしているので、風呂が使えないとなると、ちと面倒なことに…
幸いにも実家は停電していなかったので、「装具交換セット」を持参して自家用車でもらい湯に行きました。
あちこちの交差点で信号が消えていたので、譲り合いの精神と細心の注意が必要でした。

3 冷房
9月といえばまだまだ暑く、発汗とともに装具の交換サイクルも短くなります。
当たり前ですが、停電するとエアコンも扇風機も動きません。
昨年は9月に入りやや最低気温が下がったので、手の届くところにいつも団扇を置いておき、なんとか我慢できましたね。
ただ夜も汗ばむので、タオル地のマット(というか大きいバスタオル)を敷きました。
こういう作業は暗くなってからだと難しいので、日のあるうちにしましょう。

4 その他
我が家はIH調理機なので、どうしても加熱が必要なときはカセットコンロでした。
食べるものはコンビニのおにぎりとかパンとか弁当とかが多かったような気がしますが、ストレスが溜まります。
食生活が乱れ、排泄のリズムが崩れがちになるので、装具交換のタイミングが難しくなります。
あと、冷蔵庫の食品類は必要なものを除き、クーラーボックスに入れて実家に疎開させました。そういや洗濯物も袋に入れて、実家でやってましたね(脱水して持ち帰り、家で干していました)。
何しろ、日が暮れるとすることがなくなります。
テレビもパソコンもなければ携帯の充電もできず、もう原始人のように寝るしかなくなります(笑)

どうでしょう、参考になりましたでしょうか?
なお、近くのホームセンターではカセットコンロ用ガスボンベと懐中電灯はすぐ売り切れていたので要注意です。
みなさんも災害への備えは万全に!
ふふふでした。

copyright © 2019 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ