プロフィール

熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!

Author:サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:他団体の活動報告
みなさん、こんにちは フォークスです
GWが始りましたね お天気もよさそうでお出かけ日和の連休になりそうです

さて最近フォークスは、アメリカオストミー協会(UOAA)がアメリカ疾病対策センター(CDC)に送った手紙への返信が来てるかどうか気になってました どういうことかというと、CDCが3月末に禁煙キャンペーンでホームページにアップしたビデオの中にオストメイトが出てくるのですが、それがオストメイトやストーマに対する印象を著しく傷つけるということで、広告を取り下げるように4月半ばに申し入れてたのでした。その申し入れにCDCがどう出るか注目していたのです

UOAAのホームページのNews欄に結果が出てました。それによると、4月21日に問題のキャンペーンビデオが改定されていて、23日にCDCからUOAに謝罪のメールが来てて、申し入れを報道していたワシントンポスト紙もその経過を掲載した、というものでした。UOAAのフェイスブック(FB)ページには、21日にUOAA代表とCDC担当者が交わした電話での内容も掲載されています

UOAAのホームページやFBの書き込みとかを見ていると、ストーマに対するオストメイト個々の主張やCDCという巨大組織に真っ向から挑むUOAAの姿勢までいろいろ考えさせられました よくやった!と言う人もいれば、完全にキャンペーン広告を削除しなきゃダメって言う人もいて、いろいろなんだなーと オストメイトやストーマへの正しい理解を広めるのは簡単なことではないんだね・・・ UOAAとCDCのやりとりから受け身ではいけないんだな、と思いました。

by フォークス
スポンサーサイト

copyright © 2017 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ