プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!

Author:サイト管理人のグーミー(Gummy)です!よろしく!ピンクのクマだけど、モ〇じゃないよ!
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:未分類
ワールドオストミーデーということで、20/40フォーカス委員長のロナルド・ロラさんからメッセージが届きました。委員長って何?と思った方に補足で説明しますね。

本ブログにも説明のページがありますが、2008年に行われた第6回AOA(アジアオストミー協会)東京大会において、日本をはじめ、アジアのオストメイトや医療従事者による若い世代の連携をめざす呼びかけがきっかけとなりスタートしたのが20/40フォーカスグループです。すなわち、20/40フォーカスグループは国際的なグループで、ロナルド・ロラさんはそのトップです。なお、グループ名にもなっている「20/40」は20~40代を意味します。

さて、前置きはこのぐらいにして、ロナルドからのメッセージです(素人が訳をつけているので、あまり良い翻訳でないし、誤訳があるかも知れませんが、ご容赦くださいませ)。


-------------------------
若いオストメイトの皆さんへ

私は心をこめて、このメッセージを書いています。若いオストメイトのストーマ造設後の生活支援をいち早く行い、今も支援を続けているすべての方々に心から感謝の意を申し上げます。あなた方は力強いグループです。なぜなら、2008年の立ち上げから今までの7年間、グループが発展し続けているのですから。そして、自分たちのためだけではなく、声を聞いてほしいと願っている日本の若い人たちのためにも時間と労力を注ぎ、熱意を持って活動を続けていくことを期待しています。

JOA20/40フォーカスグループほど、若いオストメイトへの深い愛情や思いやりの気持ちをもったグループを見たことがありません。他の国々では20/40世代(20~40代)のオストメイト団体の活動が衰退していることもありますが、JOA20/40フォーカスグループは組織をしっかり築きあげています。あなた方は20/40世代のオストメイト団体を作ることができるということを示すお手本となっています。私はこうした活動が広がって行くのに時間がかかることをよく知っています。しかし今、あなた方が感じているように、辛抱強く、たゆまぬ努力で育ててきた果実を収穫しているのです。まさに今回のワールドオストミーデーのテーマ「Many Stories, One Voice(たくさんの物語、ひとつの声)」をあなた方は体現したのです。

私はJOA20/40フォーカスグループがすべてのオストメイト組織にとって重要な存在であると強く確信しています。なぜかと問われたら、継続性と安定性が備わっているからと答えます。素晴らしい知性と大きな志を持つ若者たちがいるので、JOAの未来も安心です。あなた方は大きな武器を手に入れ、若い人々や組織への支援を促す準備もできています。

私もあなた方と一緒にフォーラムに参加したいと思っていましたが、ワールドオストミーデーを祝うためのイベントを我が国でも準備中のため、残念ながら参加できません。しかし、あなた方がはじめたこのイベントを世界中のオストメイトのための国際的な活動にするよう提唱することで、近い将来、一緒になって祝福することを考えています。我々もあなた方の組織にならって、若い20/40世代のすべてのオストメイトに彼らの組織を再スタートしてもらえるように頑張ります。

どうかあなた方の羽をもう少しだけ広げてください。視線を今より遠くに向けてください。もう少しだけ私とともに進んでください。近隣の国々の若いオストメイトたちの苦境に気づいてください。そして、知ってください。たくさんの若い人々が、そして、あなた方のような専門性をもった若い人々が、困惑、不安、自信の喪失、あるいは社会に理解されない手術後の恥ずかしさゆえにひとりで生き続けているのです。同じような経験を持つ若いオストメイトに手をさしのべることで、たくさんの幸せや楽しみがあることを彼らに実感してもらいましょう。

あなた方は自分の活動や個人的な努力に没頭しているかもしれません。しかし、日常からちょっと踏み出してください。あなた方と同じような他国の若い人たちとともに微笑み、声をあげて笑い、泣き、希望を持ってください。私はあなた方にこの難題を託します。JOA20/40フォーカスグループが最高の組織であることを祈っています。

私たちは私たちの若さを無駄にしないようにしましょう。

ロナルド・ロラ
20/40フォーカス 委員長
IOA(国際オストミー協会)/ ASPOA(アジア・南太平洋オストミー協会)

-------------------------

以下原文↓

-------------------------
Dear Friends and Young Ostomates,

I am writing to you from the heart. I extend my full appreciation to all who pioneered and are now continuing the work of helping young people adjust to their situation after their stoma surgeries. I must say that you are a strong group because since 2008 when this was proposed and up to now 2015, 7 years later, you have no other way of advancing but up. I believe that you have enthusiastically given your time and effort for the continued success of the group not only for yourselves but also for young people in Japan needing their voices to be heard.

I would like to tell you frankly that I have not seen so much love and compassion for fellow young ostomates other than from the 20/40 of JOA. Without duly undermining the work of other countries in building and maintaining groups intended for these bracket, the 20/40 of JOA has structuralized the system and you are the models that indeed it is possible to have a strong support group for this sector. I know full well that such endeavors take time to grow but as you see, you are now reaping all the fruits of your patient and untiring effort. You have embodied the very theme of the celebration “Many Stories, One Voice”.

I have of the strong belief that this group is an important component of any ostomy association. And if you ask me why, it is because it provides continuity and stability in the organization. I know that JOA is secured in the future to come because of the crop of young people with brilliant minds and a big heart. You are ready to take the cudgels and promote support for fellow young people and the association.

I would have wanted to join you in these activities but similar celebrations too are underway in my country as we celebrate World Ostomy Day. However, I look ahead to further collaborating with you in the near future as I put forward that this model you have started will be an example in the international landscape for all ostomates all over the world. We will challenge all 20/40 young ostomates to relaunch their groups after the system you have institutionalized.

Please stretch your wings a little bit further. Turn your visions across the far horizons. Bear with me for just a little more. Discover and get to know the plight of young ostomates in your neighboring countries. There are many young people and young professionals like you who continue to live alone because of confusion, apprehension, lack of confidence and even shame for these life saving surgeries that is not understood by the society we all live in. Let us make them realize that there is so much happiness and fun in being of service to young ostomates who share similar experiences.

You may be immersed with all your activities and personal endeavors but I just ask you to please come out a little bit from your comfort zone. Feel free to smile with others, laugh with others, cry with others, and hope with other young people just like you. I leave this challenge to all of you. I wish your organization nothing but the best.

私たちは私たちの若さを無駄にしないようにしましょう

Ronaldo Lora
20/40 Focus Chair
IOA / ASPOA
-------------------------
スポンサーサイト

copyright © 2017 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ