FC2ブログ

プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

20/40FG運営メンバー

Author:20/40FG運営メンバー
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ
承認制ではありますが、コメント表示openにしました!気になるブログありましたら、是非コメント下さいませ(*^^*)


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:メンバーボイス
今年は「長距離バスの旅」に目覚めた年となりました。

人により装具の使用状況は異なると思います。ストーマケアが安定している方、旅行の検討に際し、長距離バスの利用も選択肢の一つとして入れられたらどうでしょうか。


便が緩めの私にとって「なにかあった時にトイレが見つかるか?」という事は切実な問題です。旅行の際は、どうしても普段より食が進みます。思いもしないタイミングでパウチが満タンになるかもしれません。そのため、旅行で長距離バスを使うなんて考えたこともありませんでした。

6月に松山で開催されたオストミー協会の全国大会に出席した際、旅費を安くあげる為、3列シートのトイレ付き長距離バスを初めて利用してみました。これが思いのほか快適。途中トイレ休憩もあります。また使用はしませんでしたが車内にトイレがある安心感。「案外、高速バスも使えるな」と考えを新たにしました。

その後、2度、観光客がまだ少ない朝一番に現地に乗り込むために、夜行バスを使った旅行をしています。

そのうち、1回はトイレの付いていない普通の長距離バスでした。1時間半から2時間に1度、トイレ休憩がありますが、やはり不安です。

以前、交流会の中で山登りの際の便の処理が話題に出たことがあります。ここで使うのが「携帯トイレ」。健常者の場合、屋外でお尻を丸出しにして使う必要がありますが、オストメイトの場合、お尻を出す必要が無い分、使い易いなと記憶に残っていました。そこで携帯用トイレを準備することにしました。

普段、夕食を食べてから30分から2時間の間に便が出ることが多いので、夜行バスの出発の時間に合わせ、夕食の時間を早めに済ましました。また、ビールは飲まないこと! 私の場合ビールを飲むと確実にトイレが近くなります。次にパウチに消臭潤滑剤を入れて準備万全。現地に着くまでトイレ休憩は3箇所。結局、トイレ休憩の度に目を覚ましていたので、トイレに関しては全く問題ありませんでした。携帯用トイレを使う機会が訪れなくて幸いでしたが、携帯トイレが手元にあると言うだけで不安感は軽減されます。

これからも行く場所によっては長距離バスも選択肢の一つとしてリストアップしようと思います。



今年は「若いオストメイト交流会」が各地で開催されました。交流会に出席してみると同じ仲間との語らいの中で、ネットでは得られない、何らかの気づきを得られるものと思います。来年も各地で交流会が開催されます。同じ仲間とおしゃべりしたい方、顔を出してみませんか?

来年はより良い年でありますように!

By Taka


スポンサーサイト

copyright © 2019 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ