FC2ブログ

プロフィール

九州北部豪雨・熊本地震・東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

20/40FG運営メンバー

Author:20/40FG運営メンバー
ようこそ!20/40フォーカスグループブログサイトへ
承認制ではありますが、コメント表示openにしました!気になるブログありましたら、是非コメント下さいませ(*^^*)


最新記事


カテゴリ


閲覧数


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:メンバーボイス
また非オストメイトネタでサバイバーネタです。
10月14日の世界ホスピス緩和ケアデー(World Hospice & Palliative Care Day)にあわせて開催された久留米市の聖マリア病院のイベントに参加してきました。

きっかけは、ビジネススクールで知り合った看護師さん達の病院でのイベントで、第1部のがんサロンで体験談をお願いしますってことでした。まあ、私自身、一度緩和ケアを提案された身でもありますので、体験談だけでなくイベント自体にも興味深々でお引受けした次第。
参加者はご家族も入れて16名(あと病院関係者が倍ぐらい)ありました。体験談は、50分ほど頂きましたので、いろいろながん患者さんやステージを考慮して、築地での内容を厚くする形で、病気から得たもの、前向きに生きる気持ちをお話ししました。アンケートでも嬉しいご回答を頂き、楽しかったと言ってくれた方もおられ、おかげでこちらも元気倍増!でした。
事前に少し調べたのですが、それまで緩和ケアは終末期医療とのイメージでした。しかし、早期から緩和ケアを行えば、心身の痛みを和らげるだけでなく、予後も良くなるそうなんです。
https://medicalnote.jp/contents/160203-011-SM
それは、なんと新しい抗がん剤が出たとの同じくらいの効果。緩和ケアっ立派な治療なんです。皆さん、緩和ケアは終末期医療というイメージは改めなければいけません。緩和で治るんです。緩和ケアで予後を延ばせれば、新たな治療や薬が出てくることだってあるでしょう。
イベント最後は、ホスピス病棟の見学。高級老人ホームって感じ。一般病棟と違って家族が料理できる台所や泊まれるお部屋がある。それに、バーカウンター(写真)とピアノの生演奏まであるのは嬉しいぞ。さぞお金もかかろうかと思いましたが、一般病棟と同じ!入室にあたっては院内審査必要というのが違うだけ。緩和ケアも治療の一環ということで、在宅とホスピス病棟を交互に療養する使い方をされている患者さんもおられるとのこと。うーん、今度緩和ケア言われたら、ホスピス病棟に積極的に入ろう。お酒も飲めるし(^^♪ホスピス

第二部では、交流会向けのカードゲームがあって参考になりました。初対面の人でも盛り上がり。いつか2040でもやってみましょう。
暗い気持ちな方が集まりがちな患者会。参加して、いつも間にやた気持ち明るくなって笑って帰れる患者会。これが理想ではないでしょうか。
ということで、体験談話すだけでなく、大変有意義になったホスピス・緩和ケアデーでした。
チャーリー
スポンサーサイト

copyright © 2018 人工肛門・膀胱をもつ若年者グループの20/40FocusGroup(にいまるよんまるフォーカスグループ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ